社員旅行は福利厚生費として処理が可能

東京から熊本までは飛行機を使えば約2時間の空の旅を楽しめます。飛行機を使えば国内であればこのくらいの時間で目的地に到達できるわけです。そのため社員旅行でも飛行機を使えば身近な場所だけではなく、遠方での旅行も可能になると言うメリットが有ります。所で、会社が行う旅行は従業員のための旅行でもあり、慰安と言うものが目的になります。そのため、会社の上層部だけで行う旅行と言うのは慰安とはかけ離れたものとなります。因みに、会社の旅行は一つの行事として行われるもので、一定の条件を満たすと個人負担をせずに、全額経費で処理を行う事が可能になります。これは福利厚生費で処理が出来ますので、参加する社員は一切費用を支払う必要が在りません。但し、旅行先での買い物などについては個人負担と言う形になりますが、旅行先での宿泊費や移動に利用するバスや電車などの交通費、アミューズメント施設などに訪れた際の入場料などは全て旅費とし、一人当たり10万円を目安にすることで福利厚生費として処理が可能になるのです。