熊本の求人情報

熊本は子供を育てるのには向いていない土地でしょう。県内のどの地域をとっても高齢化が進み、高齢者福祉事業に目が行っているため、子供への対策を取らないようになっています。人口が減るのは、子供を育てにくいから、育てやすいところに行ってしまうのに、それが行政にはわからないのです。有権者である高齢者に手厚い保障をするあまり、子供たちというか主婦層に対しての有効な施策を行いません。行政側が高齢の有権者しか見ていないので、労働者層はこの土地は住みにくいと考え、ほかの土地へ出て行ってしまいます。企業誘致や工場誘致などをはじめとする労働環境と、その世代が住みやすくなるような子供たちへの手当(お金だけではない)をしっかりとやっていかなければ人口流出は止まらないでしょう。若者たちがこの地を離れるから、また高齢者のほうへお金が流れ、結局、熊本は子育てがしにくい土地になって行ってます。新幹線がせっかく通っても、ただの通過駅でしかない状況では、これから先も改善は難しいと感じます。